カロリミットの副作用

カロリミットの副作用

カロリミットを飲むことで起こる副作用について調べてみます。良い商品には副作用が起こりやすいということは周知の事実で、サプリメントも例外ではない気がするからです。カロリミットを飲んだ人の感想などをたどっていけば色々でてきますので、こちらにまとめてみたいと思います。

 

吐き気が出る

カロリミットを飲んで吐き気が出るというのはちょっと心配ですね。可能性としてあげられるのは、低血糖になったと考えられます。元々低血糖の人や貧血に人がこのような症状が出てしまうことがあるようです。あと、食事の前に飲まなかったとか、規定量よりも多目に飲んだことが原因になるということがあります。

 

もし吐き気がしたら以上の点を振り返ってみてください。量や飲むタイミング、体質を考慮した上でそれでもまだ吐き気がある時は、もしかしたらカロリミットが合わない可能性があります。

 

肝臓が悪くなるっていうことがある?

こちらももし副作用のしょうじょうとしてあるなら心配ですね。肝臓に作用する成分を調べていくと、「カテキン」がそれにあたります。ブドウ糖が脂肪に変換されると肥満になってしまうのですが、カテキンはその前に筋肉細胞にブドウ糖を取り込むように作用するのです。

 

こう考えると確かにダイエットに最適な成分です。しかしカテキンは適量があって1日60mg程度と言われています。緑茶に含まれていることで有名ですが、濃い目のものですと500mg中に80mgはいっていますから侮れません。毎日過剰摂取を続けていれば長い間には肝臓に負担がかかります。

 

しかしカロリミットにはそこまでの量が入っていないので、実際問題肝臓を壊すということはないでしょう。このような話が浮上するのは、カテキンの過剰摂取に対して知識がある人が心配しているだけで、何らカロロミットで肝臓を壊したという話とはつながりがないようです。

 

その他、カロリミットで懸念される副作用はある?

上記のように深刻なものはありません。1番多く感じられるのが「下痢、便秘」といった胃腸系のことでしょうか。これは事前に知っておくといざというときにあわてなくてすみそうですね。

 

>>カロリミット 効果的な効果ある飲み方 TOP